人気ブログランキング |

RED DAWN LS

オーディオ機器は現状使用しているシステムを、違う機器に替えることは賭けに等しい行為でもある。アンプやスピーカーなどは交換した段階で、自分の好みの音で鳴るか否かは、基本的に瞬時に判断できるが、ケーブル系はなかなかその良し悪しの判断は疑わしいものがある。その理由は感覚的な部分が大きい代物と思われがちだからだ。しかし、明らかに違いが表れるのがオーディオの不思議で悩ましいところでもある。
今回、NORDOST 「RED DAWN LS」というスピーカーケーブルに替えてみた。

b0283734_07152686.jpg
b0283734_07161849.jpg
オーディオ店の店主はケーブルもエージングが必要だよ、と言ってましたが、確かに箱から取り出して、アンプとスピーカーに繋ぎ、早速音楽を再生しましたが、従来のケーブルとの違いは瞬時には判断ができませんでした。

b0283734_07214728.jpg

しかし、2時間、3時間と聞き込み、経過していくうちに、徐々にこの「RES DAWN LS」の特性が伝わってきました。微かに楽器の音色やボーカルなどが自然な再生音に変化しています。生々しいというのではなく、音楽を聴かせてくれるというか、「何の矛盾もない」という感覚でしょうか。過大な表現で言えばスピーカーを意識させない音の放射ということです。

b0283734_07382042.jpg

音を追求する聴き方ではなく、音楽そのものにどっぷりと浸かり、そして時間を忘れて楽しむ感動を教えてくれたようなNORDOSTのスピーカーケーブルです。
とは言え、まだまだエージングが足りません(笑)




# by GRFmemory | 2019-04-13 08:00 | オーディオ | Comments(1)

ATC SCM11

b0283734_19020348.jpg
「ATC SCM11」小型スピーカーとは云え、なかなかのスグレモノ。購入後1年6ヶ月かかりました、エージング。1年6ヶ月もの間、満足のいく音が聞けるまで苦労しました。まあ、時間が解決したのかも知れませんが、自分なりに手を変え品を変え試行しました。
スピーカースタンドからインシュレータ、そしてスピーカーケーブル等など。そして今、想像を絶する帯域で、ショスタコーヴィッチのヴィオラ・ソナタ ハ長調を聴いてます。
しかし、このATCスピーカーのエージングって、こんなにも時間がかかるの?

# by GRFmemory | 2019-04-06 19:01 | オーディオ | Trackback | Comments(0)

上野公園〜さくら

b0283734_16162909.jpg

b0283734_16173479.jpg

b0283734_16181377.jpg

b0283734_16190637.jpg

b0283734_16202474.jpg

b0283734_16210203.jpg

b0283734_16214753.jpg
東京・上野の桜
平成31年4月6日(土)



# by GRFmemory | 2019-04-06 16:30 | photo | Comments(0)