ATC SCM11

b0283734_22215743.png

b0283734_2223489.jpg
ATCのスピーカーが届きました。Made in Englandと箱に書かれています。
TANNOYと同じイギリスのメーカーですが、スタジオモニター用のため、TANNOY GRF memoryとはパフォーマンスが全く異なるスピーカーです。
b0283734_2234469.jpg
つまり録音の優劣がはっきり表現されてしまう音作りのスピーカーです。
JazzやRock系をちょっぴり品よく、聴きたいと思いATCにしました。しかし、小型スピーカーを扱うのは初めてで、結構鳴らし方が難しいことがわかりました。低域・音圧・分離・定位・音抜け等、追求すればするほど、泥沼にはまってしまいます。TANNOYの難しさとはまた違った難易度があります。
そんな訳でまだ完全にはしっくり来てませんが、少しずつゴールが見えて来てますので、もう一踏ん張りやってみようと考えてます。
・スピーカーコードの変更 ・インシュレーターの変更 ・左右スピーカー間の距離調整などです。まあ、これでまた、楽しみと苦しみが同居したオーディオ狂病全治1ヶ月が発症してしまったようです。
[PR]
Commented by sankanchi at 2017-09-21 09:47
おはようございます。
楽しみが増えましたね。
「オーディオ狂病全治1ヶ月が発症してしまった」
小生なんぞは、終生快復不可能の模様です。
悩むことも亦愉しからずや! というところです。
Commented by GRFmemory at 2017-09-24 07:58
sankanchiさん>タンノイと毛色の違った音を求めて、ATCのモニタースピーカーを手に入れました。こんな小さなスピーカーでも、好みの音を出すのはやはり苦労しますね。設置ポジションは固まりつつあるのですが、スピーカーコードがなかなか決まりません。あもので色々試しているところです。
by GRFmemory | 2017-09-20 23:07 | オーディオ | Comments(2)