MC10

b0283734_16215890.jpg
最近までカートリジはSPUを常時使用しておりましたが、久々にMC10に替えてみました。SPUとMC10ではアームの高さ調整は不要で、交換は非常に簡単におこなうことができます。つまり針圧調整だけですから、ものの数秒で交換ができます。そのMC10ですが、既に製造をやめてしまったようで、今は「MC-Q」シリーズに取って代わってます。ortofonのHPを見ると製品カテゴリー一覧で「MC-Q」シリーズを確認することができます。しかし、そのデザインは非常に斬新で、あのデンマークの玩具会社LEGOのような、プラスチックブロックみたいな四角い単なる塊に見えます。それに比べ「MC10」は宝石のような美しさを放ってるデザインです。そのMC10の音質は躍動感があります。クラシック音楽よりもポップ系に合うようなブレンドです。SPUで聴き慣れた耳では、雰囲気的なものもあるでしょうが、音離れとスピード感ではMC10の方が素直に再生されてるようです。まあ、トータル的な装置構成にもよりますので、一概には決めつけられませんが・・
ちなみに昇圧トランスでのカートリッジインピーダンスは、<10Ωとしてます。
[PR]
by GRFmemory | 2017-08-09 17:40 | オーディオ | Comments(0)