ブラームス 弦楽五重奏曲第2番ト長調作品111

b0283734_8131528.jpg
 ⬛︎プラジャーク・クヮルテット

 2016年12月4日 第一生命ホールでの「プラジャーク・クヮルテット」のコンサートで、ドヴォルザークの弦楽四重奏曲変ホ長調とへ長調「アメリカ」、そしてブラームスの弦楽五重奏曲第2番作品111を聴いて参りました。

プラジャーク・クヮルテットは1972年プラハ音楽院在学中に結成した弦楽四重奏団とあるが、2015年にヤナ・ヴォナシュコーヴァという女性ヴァイオリニストが入団し、新たな演奏を聴かせてくれています。
b0283734_8284565.jpg当日のコンサートで最後に演奏されたブラームスは弦楽五重奏曲であるため、ヴィオラ奏者の山碕智子を共演者として加えての演奏でした。
ヴィオラ奏者が1名入ると、音に厚みが増して、ベースのしっかりした重厚な音楽に仕上がります。さすがブラームスといった感じです。
さてそのブラームスの作品111ですが、とっても渋い傑作で、ややとっつきにくい音楽ですが、2度3度と繰り返し聴き込んでいくと、ブラームスの魅力にズッポリとはまってしまい虜になる要素充分の名曲です。

 なお、ここに紹介したCDは2006年の録音なので、第一Vnはヤナ・ヴォナシュコーヴァではありません。チャーミングな彼女が加わった「新生プラジャーク・クヮルテット」のCDも早く聴いてみたい気分です。
[PR]
Commented by ten-zaru at 2016-12-31 13:31
GRFmemoryさん、こんにちは。
今年も後わずかとなってしまいました。
1年が過ぎるのがますます早くなってきました。
年末はクラッシックを聞いてゆっくり、ですかね。

また来年も宜しくお願いします。
良い年をお迎えください。
Commented by tanuki_oyaji at 2016-12-31 15:12
GRFmemoryさん、こんにちは〜♪
あっという間に1年が過ぎてしまいましたね。
しばらくは好きなクラシックを堪能してノンビリとお寛ぎください。
何かとお世話になりありがとうございました。
また来年も宜しくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。


Commented by GRFmemory at 2017-01-02 12:26
ten-zaruさん、コメ有難う。1年なんて早いですね。休みの日は、色々とカートリッジを交換しながらレコードを楽しんでます。
Commented by GRFmemory at 2017-01-02 12:29
tanukiさん>コメ有難う。昨年(2016年)は大変お世話になりました。今年もパソコンのこと等、色々教えてくださいね。
by GRFmemory | 2016-12-23 09:07 | クラシック音楽 | Comments(4)