ヴィヴァルディ☆フルート協奏曲集

b0283734_11204281.jpg
ヴィヴァルディ(1678-1741) フルート協奏曲集 作品10(全6曲)
◼︎ミカラ・ペトリ(リコーダー) 
◼︎アカデミー オブ セント マーティン イン ザ・フィールド(演奏)

・第1番ヘ長調 作品10−1 RV433「海の嵐」
・第2番ト短調 作品10−2 RV439「夜」
・第3番二長調 作品10−3 RV428「ごしきひわ」
・第4番ト長調 作品10−4 RV435
・第5番ヘ長調 作品10−5 RV422
・第6番ト長調 作品10−6 RV437

梅雨が明けて夏本番を向かえ、一気に夏の眩しい日差しが照りつける季節となりました。そんな夏の音楽には、ヴィヴァルディのフルート協奏曲がよく合います。特に第1番の「海の嵐」は、青空の地中海をイメージして、激しい波の砕ける様を笛で表現してます。

フルート協奏曲ですから一般的には横笛のあのフルートで演奏するのでしょうが、このレコードのミカラ・ペトリはレコードジャケットの写真にあるように、リコーダーで演奏してます。これが素晴らしい音色で一気に歌い上げてます。

弦楽合奏団のACADEMY OF ST.MARTIN-IN-THE-FIELDSは、ピリオド楽器ではないと思われるが、リコーダーの音色も溶け込み、不自然さなく素晴らしいヴィヴァルディを聴かせてくれます。
表題のあるのは前半の3曲だけですが、その中でも第3番「ごしきひわ」」は、小鳥の囀りをリコーダーやヴァイオリンで表現しており、小鳥より上手にリコーダーで鳴いてます。

後半の3曲は表題がないのでやや地味な印象もありますが、しかし第5番は牧歌的で美しい名曲。繰り返し聴きたくなるほど素晴らしい音楽です。
[PR]
Commented by パスピエ at 2016-08-05 09:37 x
お暑うございます
久しぶりにコメントさせていただきます

暑くなるとバロック音楽が聴きたくなります
ビヴァルディのフルート協奏曲などピッタリですね
5番、大のお気に入りです!!
私もペトリのCDを聴いていますが、バックはスピヴァコフ指揮、モスクワ・ヴィルトーゾというものです
数年前に私も記事にいたしまいた\(^O^)/

URLを貼り付けるとコメントが拒否されるようなので、名前のURLで記事に飛びます
Commented by GRFmemory at 2016-08-13 14:39
パスピエさん>コメント有難う。現在のフルートによる演奏もヴィヴァルディのフルート協奏曲には、素晴らしいものもありますが、このペトリのリコーダーによる演奏は、古楽器特有の素朴さがなんともいいですね。
by GRFmemory | 2016-07-31 12:27 | クラシック音楽 | Comments(2)