戸田弥生&エル=バシャ デュオ・リサイタル

b0283734_827495.jpg

2015,5,16(土) 於:第一生命ホール 「音楽のある週末」 シリーズ第24回

プログラムは・・・
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調Op24「春」
シューマン  :ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調Op121
フランク    :ヴァイオリン・ソナタイ長調
アンコール曲  ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第6番から第2楽章

b0283734_8351497.jpgヴァイオリニスト戸田弥生さんの演奏は初めて鑑賞しました。ヴァイオリンを何となく高く構えたスタイルで奏でる音は、明瞭でとても音量のある演奏でした。
最初の1曲目はベートーヴェン「春」ですが、この日を想わせる明るい日差しいっぱいの清々しい演奏でした。高らかにメロディを歌い、青空に向けて鳴くひばりのような生命力溢れるベートーヴェンでした。
続く2曲目はシューマンです。ベートーヴェンの「自然」を題材にしたものから、人間の内向性を音楽にした名曲です。情熱、心の乱れ、精神性を描いた曲です。ピアニストのエル=バシャさんのしっかりとした支えに、ここでもヴァイオリンは情熱的に熱く語ります。最近、この曲を家で聴くときは、古楽器のヴァイオリンを使用した演奏で聴いていたものですから、現代楽器で聴くと力強く心に突き刺してきます。特に第4楽章は忘れられないライヴとなりました。
2曲を終えて約20分の休憩後、最後のプログラムはフランクのソナタです。この曲はなかなか難しい曲です。特に第1楽章は淡い水彩画のような、柔らかくふわーとした世界が欲しい音楽です。第2楽章に進むに連れて、夢から覚めたよに目の前に現実が見えてきます。ヴァイオリンとピアノが寄り添ったり、離れたり非常にロマンティックな音楽です。今日の戸田弥生さんとエル=バシャさんのデュオ・リサイタルは、本当に息の合った素晴らしいものでした。

コンサートを終えて、ロビーではCDを購入した方に対して、お二人からのサイン会が行われました。上の写真は購入したCDです。私は以前からエル=バシャさんのファンで、この日は彼のレコード(プロコフィエフ・ピアノソナタ)を持参してました。そしてそのレコードジャケットの裏面余白に特別にサインをいただきました。(お手数をお掛けしました)
なおレコードの裏面には、若き日のエル=バシャさんとプロコフィエフ夫人の写真が載っており、彼もとても懐かしく御覧になってました。(シャルル・クロ・アカデミー大賞受賞の時の写真かと思われます)

東京・晴海にある第一生命ホールは、室内楽や器楽曲を最適な音響で聴くことができるホールです。
[PR]
Commented by tanuki_oyaji at 2015-05-23 18:19
GRFmemoryさん、こんばんは〜♪
久しぶりに癒されましたね・・・(*^O^*)
Commented by GRFmemory at 2015-05-25 22:31
Tanukiさん>はい、2時間前後の至福のひと時でした。プロの演奏はやはり素晴らしいですね。
Commented by sankanchi at 2015-05-28 19:47
こんばんは。以前申し上げたエテルナトレーディングの件ですが、小生の勘違いでした。通販カタログが停止になり、メインのGRFも売りに出されていたので、止めたと思いましたが、三省堂の裏のビルの4階で営業しています。お手すきの折にでもお出かけ下さい。Lpの量は随一でしょう。済みませんでした。
Commented by GRFmemory at 2015-05-31 10:53
sankanchiさん>コメ有難う。三省堂は神保町の本店ビルですね。今度探して行ってみます。
Commented by GRFmemory at 2015-06-21 09:22
sankanchiさん>エテルナトレーディングに電話をしたら、店ではなく事務所だとのこと。通販だけでの営業のようです。ショップでレコードを探し買うのが楽しいのですが、残念です。
<情報有難うございます>
by GRFmemory | 2015-05-23 09:45 | クラシック音楽 | Comments(5)