ヴァレンティーナ・リシッツァ

b0283734_1274528.jpg

『ショパン 24の練習曲』 『シューマン 交響的練習曲 作品13』
ヴァレンティーナ・リシッツァ(P)   2014/06/18-21 録音

ヴァレンティーナ・リシッツァはウクライナ・キエフ生まれの女性ピアニスト
ショパンとシューマンのピアノの世界を、素晴らしい響きで魅了している。
安定した抜群のテクニックが、この美しい響きを生んでいるのか! 
ここまで魅惑的な演奏をされると、他の曲はどんな音楽を聴かせてくれるのか、興味がわいてくるピアニストである。
特筆すべき曲はショパンの「Op. 10: No. 3 in E major: Lento ma non troppo 」
探していた理想の No.3 in E major!
この短い4分16秒の心温まる美しい曲を聴けるだけでも、ヴァレンティーナのこのCDは私の大事な1枚となることでしょう。
[PR]
by GRFmemory | 2015-02-01 12:44 | クラシック音楽 | Comments(0)