McIntosh C50

b0283734_12574248.jpg

b0283734_12585960.jpg2014年4月26日(土) 
待望の<McIntosh C50>が我が家に届きました!!
C46からC50に・・・・・

最初はMC275Ⅵが目当てで、試聴機を貸出してもらいC46と繋ぎ聴き込みました。
真空管のパワーアンプはやはりまろやかで品があり、優しくそしてヴォーカルはすごく良かった。
しかし私のイメージしていたものには届かず、MC275は返却しました。それにしても真空管がグリーンに輝くのは感動もので、とても美しいアンプでした。

b0283734_1330188.jpg
部屋を暗くして、この輝きを眺めているだけでも、幸せな気分にしてくれました。

”将来、音の好みが変わったら、また考えよう!” 
MC275よ、さようなら!







その結果、今回<C50>に決めました。今まで使っていた<C46>に比べて、一口で言うとクオリティが高い音になっています。ひとつひとつの楽器が鮮明に聴こえ、分離・奥行きも広く深くなり、目の前に演奏者の存在が見えるようです。
またPhonoがMCとMMの2つの入力端子が備わっていて、レコード派には嬉しい作りでもあります。
最後に未だ使用方法に不明な点も多いので、これから取扱説明書を良く読んで十分使いこなしていきたい。
[PR]
Commented by tanuki_oyaji at 2014-04-26 19:39
GRFmemoryさん、こんばんは〜♪
新兵器導入ですか、おめでとうございます。
素晴らしい音を聞かせてくれるんでしょうね。
どんな音がするのか聞いてみたい気がします。
同じMcIntoshでも私のはパソコン。。。(笑)
Commented by ten-zaru at 2014-04-26 20:56
GRFmemoryさん、今晩は。
オーディオの世界は奥深くて際限が無いんですね。
照明を落とした部屋で、緑に輝く真空管を眺めながら
聞く音楽も最高だと思いますよ。
この分だと返却したアンプも再度購入にいたったりして^^
Commented by GRFmemory at 2014-04-27 06:21
Tanukiさん>アンプを替えることは心臓部を変えることになります。
今まで聴いてきた音の本質が変わる訳で、失敗するとストレスな日々を過ごすことになります。
でも今回は上手く行ったかも知れません。
Commented by GRFmemory at 2014-04-27 06:26
Tenzaruさん>このMC275Ⅵは美しい真空管アンプでした。
でも若干力が弱かったです。
ピアノの低域再生にぬるさがあり、ガツンと来ないのです!
それが魅力と言えばそれまでですが、そんな些細なことで音決めをしてます。
Commented by Kapell at 2014-04-28 06:55 x
貫禄のマッキンですね。タンノイとの相性も良いでしょう。
Commented by GRFmemory at 2014-05-03 10:25
Kapellさん>コメント有難う。
以前のC46は約7年使用しました。不満は特になかったのですが、悪いオーディオ屋にC50を勧められて、このたびグレードアップしちゃいました(笑)
C46とはかなり違いますね! C46は古き良き時代の音でしたが、C50はやはり現代的というか、今まで聴きとれなかった細かな部分までしっかりと聞かせてくれます。
by GRFmemory | 2014-04-26 14:26 | オーディオ | Comments(6)