ブルックナー☆交響曲第3番ニ短調<ワーグナー>

b0283734_1812614.jpg

アントン・ブルックナー 交響曲第3番ニ短調WAB103<original1873>
マルクス・ボッシュ指揮 アーヘン交響楽団

b0283734_18201845.jpgブルックナーの交響曲第3番は「ワーグナー」とのニックネームが付けられている。でもそれはこのオリジナル・バージョンにだけにしか言えないのではないだろうか。その交響曲第3番は1873年12月に完成、そしてワーグナーの作品からの多くの引用があった。でもそれは今で言う「パクリ」ではない!ブルックナーという人は純粋にワーグナーを尊敬していたから。しかし、やがてこの引用は削り取られることになる。そして第2稿、第3稿と編曲していくこととなる。
そうなると第1稿(オリジナル・バージョン)よりも、第2稿・第3稿の方が音楽に隙がなくなり、ビシっと決まった交響曲が披露される。
つまりこれからブルックナーを聴こうという人には、第2稿もしくは第3稿の方がストレートにその音楽に感動するだろう。
でも私のようなブルックナー・ファンは、やはりブルックナー自身が最初に書いた作品を、どうしても聞きたいのだ。
それを叶えてくれるのが、ここで紹介しているボッシュ指揮によるブルックナーの第3番なのだ。
[PR]
by GRFmemory | 2014-02-15 19:02 | ブルックナー | Comments(0)