クラシックプレミアム(小学館)

b0283734_7342141.jpg

小学館から「クラシックプレミアム」と題して、カルロス・クライバーのベートーヴェンが創刊号で発売された。しかも、交響曲第5番<運命>&交響曲第7番&J・シュトラウスの<こうもり>序曲が収録されたSHM-CD付きで、特別価格¥840-! 書籍店で販売されている。早速、先日購入してみた。カルロス・クライバーは現在も高い人気を誇る天才指揮者。そのベートーヴェンが¥840-で聴けるとは、小学館も頑張ってくれたものである。古いクラシック音楽ファンには定番のクライバーだろうが、ベートーヴェンをしっかりこれから聴いてみようかな?と思う方々にはお勧めの創刊号である。肝心のCDの音質は基本的に申し分のないレベルで、おまけの類ではない。本の中身は18頁に渡り写真を掲載しながら、指揮者やベートーヴェン、曲目解説など初心者向けにわかりやすく載っている。
CD収録ではベートーヴェンがメインであるだろうが、J・シュトラウスの<こうもり>序曲もなかなかの名演なのである。シュトラウスのワルツ集というと、美しく青きドナウや皇帝円舞曲、ウィーンの森の物語、南国のバラなど数多くあるが、中でもこの<こうもり>序曲はそれらの名曲がぎゅっと凝縮された素晴らしい音楽なのだ。ぜひ、多くのリスナーに聴いてもらいたい音楽。さあ、早く本屋さんへ・・・
[PR]
トラックバックURL : https://grfmemory.exblog.jp/tb/21829587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ten-zaru at 2014-01-11 20:59
GRFmemoryさん、今晩は。
えっ!その値段で名曲が聴けるんですか。
早速購入しなくちゃ。
Commented by fragile28 at 2014-01-12 18:40
こんばんは。
堀江敏幸さんのエッセイ「音の糸」も楽しみですね。
私も買ってみようかな~。

Commented by GRFmemory at 2014-01-13 10:03
ten-zaruさん>昨日もTVコマーシャルしてました。まだ本屋さんで売っているでしょう。本当に購入するなら、早い方がよいでしょう!
Commented by GRFmemory at 2014-01-13 10:07
fragile28さん>堀江俊幸氏のエッセイも回想を交えながらの文章で興味が沸きます。
でも連載ものですから、引き続きこれを購入していかないと・・・(笑)
by GRFmemory | 2014-01-11 08:11 | ベートーヴェン | Trackback | Comments(4)