KRIPTON(インシュレータ)

b0283734_15282128.jpg

KRIPTONのインシュレータをLINNのCDプレーヤーに使用してみました。
b0283734_15461571.jpg
こんなにも音質が変わるものなのかと、驚きと歓びでオーディオの深さに感心してます。

どう変わったのかと言いますと、

①音像スケールがワイドでクリアになった。
  つまり視界がひらけたようなイメージ

②低域が無理なく放射され土台がしっかりとした。
  こんなにも豊かな低音が録音されていたのか?

③各々の楽器の音もクリアで、ボーカルは生々しい。


オーディオ・ケーブルもそうであるように、こればかりは実際に自分の装置で使用してみないとわからない現象です。それだけに「賭け」みたいなところも否めませんが、聴いている音にやや不満を感じたらどれかを替えて見ることですね。
[PR]
トラックバックURL : https://grfmemory.exblog.jp/tb/20252202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Kapell at 2013-04-06 20:47 x
インシュレーター、本当に効きますよね。
機器内の振動モードの変化で、部品から生じるマイクロフォニックノイズが変化するのでしょうか?不思議とインシュレーターの材質の音がするものです。
Commented by ten-zaru at 2013-04-06 22:10
GRFmemoryさん、今晩は。
インシュレーターって良く分らないんですが
そんなに音質が変わるものなんですか。
よくケーブルを変えると良くなると聞きますが。
自分のはそれ程いい機材じゃないんで…。
Commented by GRFmemory at 2013-04-07 07:16
Kapellさん>材質によって音質が変わるんですか?
今まで特に気にしておらず、アンプ類もラックに直置きしてました。
今度はプリアンプ、パワーアンプにも適切なインシュレータを探して設置してみますね。
だけど、本当にCDの音が良くなり嬉しいです。エネルギッシュな音にもなりました。
Commented by GRFmemory at 2013-04-07 07:18
Ten-zaruさん>そうですね、オーディオってどこをいじっても音質が変わるんですよ。ケーブルはその代表格ですね。
by GRFmemory | 2013-04-06 15:54 | オーディオ | Trackback | Comments(4)