ムラヴィンスキー☆ブルックナー 交響曲第9番

b0283734_10121122.jpg

                   ブルックナー 交響曲第9番ニ短調
                   エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮
           レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団(1980,1月ライヴ収録)

ムラヴィンスキーのブルックナーは数少なく、第1番~第7番など耳にしたことはない。このレコードは1980年のライヴ録音のものであるが、そこそこのレベルで録れている。
但し、指揮者の意図であると思えるが、弦と管のバランスではやや弦を抑えた印象が残る。内声部の細かな楽器群の表現はあまりよく聞き取れないが、全体としての仕上がりは規模の大きなものである。

第2楽章のスケルツォにおいても金管の活躍が凄まじく独特の雰囲気を醸し出している。
第3楽章のアダージョはブルックナーの交響曲の中で最も感動的な楽章であり、冒頭部分はこの上なく美しく入る。ティンパニと管のffに高潮する部分は、そこまでやらなくてもと思うぐらい一気に昇りつめる。
その後、トロンボーンとトゥーバによる孤独の和音では、あまり感情移入がされず、冷めた表現となっていることは残念である。しかし、その後のVnによる第2主題は、この楽章の境地に入る大事なところであり、ムラヴィンスキーもここでは入魂の指揮を見せ、美しいメロディーを置いてくれた。

「生からの別れ」としてブルックナーが遺してくれたアダージョ(この第3楽章)は、当然指揮者によって様々な表現がされている。私としてはアーベントロート、チェリビダッケやヴァントのものが極めていると考えている。
このムラヴィンスキーを聴いて、改めてチェリビダッケのブルックナーをじっくりと聴いてみたくなりました。
[PR]
トラックバックURL : https://grfmemory.exblog.jp/tb/19707832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Kapell at 2012-12-22 19:51 x
私もこのLPを持っていますが、独特な演奏ですね。
同曲はライトナーの演奏も素晴らしいので、是非聴いてみて下さい。
Commented by ten-zaru at 2012-12-22 22:53
GRFmemoryさん、今晩は。
指揮者によって全く異なった演奏になるんですね。
よくも悪しくもこれが個性なんですな。
Commented by GRFmemory at 2012-12-23 10:25
Kapellさん>ムラヴィンスキーのブルックナーは既にお聴きでしたか! 本当に独特なものですね。
極端に言うと管楽奏団のようで、前面に金管群がいるような印象を受けました。
Commented by GRFmemory at 2012-12-23 10:29
ten-zaruさん>指揮により音楽はがらりと変わりますね、特にブルックナーは!
精神性の強い音楽だからかも知れませんね。メロディやテンポだけでなく、全ての楽器の鳴らし方ひとつで音楽の印象は変わってきますので、それだけにブルックナーは難しいと言えます。
by GRFmemory | 2012-12-22 10:53 | ブルックナー | Trackback | Comments(4)