ワインガルトナー指揮 ベートーヴェン 第九

b0283734_17423237.jpg 
 
 フェリックス・ワインガルトナー指揮
 ベートーヴェン 交響曲第9番 ”合唱”
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1935年録音)

 12月に入り先日はロヴロ・フォン・マタチッチの第九を、今日はワイン
 ガルトナーの第九を聴いてしまった。
 どうしたことか、今年は無性に第九が恋しくてたまらない。
 日々職場の喧騒のなかにいると、日曜日の午後、マイルームで
 過ごす時間は、思いっきり心へ安らぎが欲しくなるのである。
 
 だけど毎年12月だからと言って、第九ばかり聴いていた年は今まで
 あまりないのである。
 これは2012年は世紀末なのか?
 政治も経済も・・・ 私のライフワークも・・・

 ところでワインガルトナー(1863-1942)のこのレコードは1935年の
 録音のものであるが、いい音で録れていて聴覚上のストレスはない。
 レコードの解説は「村田武雄」氏が記しているが、「ワインガルトナーはベートーヴェンの作品を、最もいきいきと再現するための、芸術的精神とはいかなるものか、を音によって告げているのである」と最後に書いている。この時代、ビューローやマーラーなど指揮者は、作品をいろいろといじって演奏していたらしいのである。それに警笛を鳴らしたのがこのワインガルトナーでり、楽譜に忠実であるべきと主張し、こうした明瞭な第九を遺してくれたのである。
まったく癖のないこの演奏こそが、20世紀のベートーヴェン第九交響曲のルーツなのか?
何だかロマンさえ感じてしまう1枚である。
[PR]
トラックバックURL : https://grfmemory.exblog.jp/tb/19677489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ten-zaru at 2012-12-16 20:18
GRFmemoryさん、今晩は。
「基本に忠実」何処の世界にも同じ言葉が当てはまりますね。
Commented by score1204 at 2012-12-16 21:42
GRFmemoryさま、拙ブログへの書き込みありがとうございました。
この盤はSP盤で所有しておりますが、仰る通り癖の無い、素晴らしい演奏だと思います。
ただ、ワインガルトナー自身は楽譜に手を入れており、全くの原典主義者では無かったようです。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。
Commented by GRFmemory at 2012-12-17 23:08
ten-zaruさん>そうですね、自己流はやはり事故の基。それはイカサマですから、やはり原点に戻らなくては!
Commented by GRFmemory at 2012-12-17 23:10
score1204さん>コメント有難う。そうかも知れませんね。でもテンポはかなり意識していたみたいで、ベートーヴェンの指示を自分なりに解釈して、ベートーヴェンの意向にそった演奏を心掛けていたみたいですね
Commented by pat_mthny7205 at 2012-12-24 20:45
イブの夜におじゃま致します
GRFmemoryさん はじめまして
pat_mthny7205です
私も今年ほどNo9を聴いている年はありません
盤はこれまでそれほど聴いているわけではないということですからいたってオーソドックスな録音しかありませんが・・・
それにしてもお互いに理由は違えども、
なぜ手が出てしまうのでしょうね
Commented by GRFmemory at 2012-12-26 23:11
pat_mthny7205さん>コメント有難う!
第九が無性に聴きたくなる理由は、この平成24年が個人的に満足できなかった年なのかもしれません。
by GRFmemory | 2012-12-16 18:34 | ベートーヴェン | Trackback | Comments(6)