DL-103

b0283734_17131223.jpg

今日まで使用していたカートリッジ(DL-103)が、突然高域の再生が不能となってしまった。
針圧を調整したり、針先をクリーニングしたりとメンテを施したけれど、結局駄目でした。そこでここは思い切って新しいものをと、交換針扱いで新品を購入しました。

b0283734_1729234.jpg早速、シェルに取り付けアームにセットして、
シューベルトの「美しき水車小屋の娘」(ヴンダーリヒ)を聴きました。うん、しっかりヴンダーリヒの伸びやかなテノールが再生されている♪

ところで旧DL-103は一体いつ頃購入したのか、当時の説明書等を調べたら
何と・・・昭和58年5月3日購入と書かれていた!
そんなに長い間、現役だったのか・・・・・
簡単に販売店の店員さんに渡してきてしまった(涙)

さあ、でも新しいDL-103との長い付き合いが始まった♪  これからもいい音楽を聴かせてくれるかな?
[PR]
トラックバックURL : https://grfmemory.exblog.jp/tb/19554282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ten-zaru at 2012-11-24 21:16
GRFmemoryさん、今晩は。
昭和58年から長年使い続けてきたんですか。
その間一度も故障などしなかったんですか。
元は十分にとれたましたね^^
Commented by GRFmemory at 2012-11-24 21:23
ten-zaruさん>29年間ずぅーといい音でレコードを鳴らしてくれました。
さすが、日本コロムビア! 今はDENON!
Commented by mini_v50s at 2012-11-25 07:24
こんにちは。
DL-103,クラシックにもJAZZにも合いますよね。私も以前使ってました。素直で癖がないカートリッジの“優等生”って感じです。
Commented by GRFmemory at 2012-11-25 08:30
mini v50sさん>NHK公式採用カートリッジだったみたいですね。したがって万能型なんでしょう。
仰る通り、素直な再生音が、聴いていて安心感を与えてくれます。
by GRFmemory | 2012-11-24 17:43 | オーディオ | Trackback | Comments(4)