人気ブログランキング |

六義園 紅葉

b0283734_22285933.jpeg

b0283734_22300522.jpeg

b0283734_22305089.jpeg

b0283734_22315807.jpeg

東京・駒込 六義園 2019.11.30(土)



# by GRFmemory | 2019-11-30 22:35 | photo | Comments(0)
b0283734_07292234.jpeg

東京国際フォーラムにて開催 11/22(金)〜24(日)

b0283734_07322431.jpeg


b0283734_07375873.jpeg
McIntoshのエレクトリのブースから廻りました。
いきなり目に入ったのは・・・

70周年記念真空管アンプの C70 & MC2152
プリアンプ C70・・・・・¥1,000,000-
パワーアンプ MC2152・・¥2,000,000-

価格が凄いです(笑)
b0283734_11161982.jpeg
MC 275とMC 75も並べて展示してありました。

b0283734_11220619.jpeg
残念ながらMcIntoshの真空管アンプでは聞けませんでした。

b0283734_11261893.jpeg
次にNASPECのブースでIsoTekをチェック

b0283734_11311847.jpeg
そのNASPECブースでは、山之内正氏が新製品の<Beethoven Concert Grand Reference>(上記スピーカー)を熱く推薦
クラシック音楽を中心に数多く試聴させてくれました。
低域は十分でイメージよりかなり拡がりのある音像が楽しめました。
そして楽器がはっきり分離し、生々しい鳴りっぷりですが、その秘密は
電源をIsoTek」を経由させているからだと推測しました。

こちらのスピーカーは来年2月頃の発売らしいです。
ペアで ¥1,500,000- (税別)みたい

他に各社のブースをいろいろ廻りましたが、冷たい雨の日なのにどこもオーディオファンでいっぱいです。それでもやはり昨年よりは若干空いていたかも知れません。

最後にA&MのブースでAIR TIGHTの300Bシングル・パワーアンプを聴きました。
何だか一番良い音で鳴らしていたように思えました。




# by GRFmemory | 2019-11-24 12:08 | オーディオ | Comments(0)
b0283734_15135518.jpeg


モーツァルト(1756-1791) クラリネット協奏曲イ長調 K.622
アントニー・ペイ(バセット・クラリネット)
クリストファー・ホグウッド(指揮)
エンシェント室内管弦楽

b0283734_15242452.jpg   

 モーツァルト晩年の作品の代表曲は「レクイエム」と並ん
 でK.622のクラリネット協奏曲です。

 全3楽章どれも最高の音楽を聴かせてくれますが、天上の
 美しさは、何と言っても第2楽章のアダージョです。
 「アヴェ・ヴェルム・コルプス」と同様、ニ長調で書かれ
 た神憑り的なメロディは、モーツァルトにしか作れない天
 使の音楽でしょう。
 左の写真は指揮者のクリストファー・ホグウッドです。


b0283734_15551001.jpg
 
  クラリネット奏者のアントニー・ペイ
  
  バセット・クラリネットの音色は古楽器との組み合わ
  せでかほんのり暗く、神秘的な響きです。
  古楽器に華やかさは期待できないが、モーツァルトの
  時代にタイムスリップした感覚で音楽に浸れます。
  ホグウッドのこのレコードは1984年の録音ですが、
  18世期における演奏を追求した第一人者の録音であり
  それまでのモーツァルト感を覆すほどのインパクトを与
  えた指揮者だったと思います。





# by GRFmemory | 2019-11-02 07:18 | モーツァルト | Comments(0)

クラシック音楽、オーディオ&写真のブログ


by GRFmemory