b0283734_16183075.jpg
最近、ドビュッシーのピアノ曲にはまり、毎朝駅から職場までの約10分の道のりをiphoneで聴きながら通っている。
途中小さな公園を横切る小道では、朝の清々しい空気とドビュッシーの曲が融和して、何とも感動的な気分に包まれるので、仕事をする気が正直薄れてしまいがちです。
そんな今日はGWも後半に入る日で仕事は休みです。朝から部屋の整理をしており、少し模様替えでもと考えております。
b0283734_16403314.jpg
と云うのも、リスニングポジションの左側はレコードラックがありますが、もう収納オーバーであふれんばかりのレコードなのです。そんな訳でオリジナルレコード棚を設置する予定でおります。朝から不要の本やガラクタのオーディオ機器だのを整理しており、もうぐったりです。
そこで気分転換ため取り出したのが、ブルックナー の交響曲第7番 クルト・マズア指揮のライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のレコードです。この曲の初演は1884年12月30日、場所はライプツィヒ市立劇場と記されております。ブルックナー にとって最もポピュラーな曲で当時も大成功だったようです。
それだけに親しみやすい旋律なので、いつ聴いても音楽に酔いしれることができます。全曲で約1時間ちょっとの曲なので、聴き終えたら再度部屋の片付けに取りかかります。




[PR]
# by GRFmemory | 2018-05-03 17:08 | ブルックナー | Comments(0)

イースター

b0283734_08263425.jpg

今年の復活祭はいつ?
復活祭は春分の日から一番近い満月の日から最初の日曜日だそうです。
2018年は3月31日が満月ですから、翌日の4月1日がイースターになります。

今朝、なんとなく取りだしたレコードがバッハの復活祭オラトリオBWV.249です。冒頭のシンフォニアでの輝やかしいトランペットが魅力的な音楽。天高らかに届くラッパの音が神々しいのです。

[PR]
# by GRFmemory | 2018-03-24 08:51 | クラシック音楽 | Comments(0)

ドビュッシー

b0283734_07122987.jpg

今年はクロード・アシル・ドビュッシー(1862,8,22〜1918,3,25)没後100年ということで、音楽界では彼の作品をいつもより多く取り上げるでしょう。
私は今までフランスの作曲家の音楽は、ドイツ・イタリアの音楽に比べてあまり聴いては来ませんでした。
b0283734_07322362.jpg


しかし「音楽現代」2月号でドビュッシーが特集された記事を読み、今年はドビュッシーを本気で聴いてみようと興味を持ちました。
まずはピアノ曲からと思い、アウトゥーロ・ベネディティ・ミケランジェリが弾く「前奏曲 第1巻」をチョイスしてみました。

この曲集で有名な一曲は、第8曲目の「亜麻色の髪の乙女」です。
僅か2分42秒の親しみやすく甘い旋律の小曲ですが、これだけを聴いてもドビュッシーという作曲家が女性好きでロマンティストだったことがうかがえます。


さあ次は「前奏曲 第2巻」を聴いてみようと考えていたら、グラモフォンからポリーニの新譜が発売されてました。

b0283734_07374042.jpg

やはり音楽業界も今年はドビュッシーを注ぎ込んできますね。

また管弦楽曲も色々と発売されることかと思います。

ドビュッシー、フォーレ、ラヴェルなどフランス系の音楽家の曲が脚光を浴びる年になりそうです。





[PR]
# by GRFmemory | 2018-03-18 07:50 | クラシック音楽 | Comments(2)