「冬の旅」☆カウフマン

b0283734_811343.jpg
シューベルト 歌曲「冬の旅」D911
ヨナス・カウフマン(t) ヘルムート・ドイッチェ(p)

1.おやすみ
2.風見
3.凍った涙
4.氷結
5.菩提樹
6.雪どけの水流
7.凍った河で
8.かえりみ
9.鬼火
10.休息
11.春の夢
12.孤独
13.郵便馬車
14.霜おく頭
15.からす
16.最後の希望
17.村で
18.あらしの朝
19.まぼろし
20.道しるべ
21.宿
22.勇気
23.幻の太陽
24.辻音楽師

24曲からなる連作歌曲集。
ヴィルヘルム・ミュラー作詞の連作詩にシューベルトが接したのは1826年。
初期の12篇に作曲したのち、さらにミュラーは12篇の詩を書き足し、シューベルトはその残りの詩にも1827年に作曲。

「冬の旅」は主人公の若者の失意と屈辱、孤独そして冬景色を表現したシューベルトの最高傑作。
第5曲の「菩提樹」は単独でも歌われ、特に有名な曲だが、シューベルト自身も気に入っていたらしい。
b0283734_8302882.jpg
「キング・オブ・テノール」と絶賛されるヨナス・カウフマンの声は、豊かな響きでオペラでもリートでも現在最高位のランク。

イケメンでかっこ良く、オペラ界では大人気の歌手。

この秋、ジャパンツアーを予定していたが、体調不良で来年夏に公演が延期された。残念ですが、休養をしっかりとって、来年素晴らしい声を聴かせてください。
[PR]
# by GRFmemory | 2016-12-03 08:52 | シューベルト | Comments(0)

ブラームス☆交響曲第4番

b0283734_8561392.jpg
ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 作品98
カルロス・クライバー(指揮) 
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1980年録音)

秋は私にとって「ブラームス」の季節。春から夏への賑わいが終わろうとして、何故か淋しい、人恋しいとしみじみと肌で感じ取るような情緒感に浸ってしまうような季節だからです。
そんな心情にぴったりなのが、このブラームスの交響曲第4番です。もちろん第2番も第3番も、ブラームスの曲はどれもそれを感じ得ることはできますが、第4番は特に「孤独感」が強く、甘さのない渋いさが際立つ交響曲なんです。

今日はカルロス・クライバー指揮のCDを鳴らしてますが、同曲はレコードでも所有しております。
CDの方の音は、やや硬さが表面に出て、ゴツゴツ感があるのですが、男性的で今日のような秋晴れの日には、すっきりとした気分にさせてくれます。
[PR]
# by GRFmemory | 2016-11-13 09:30 | クラシック音楽 | Comments(0)

ゲザ・アンダ(P)☆ラフマニノフ

b0283734_6501940.jpg
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18
ゲザ・アンダ(P) アルチェオ・ガリエラ(指揮) フィルハーモニア管弦楽団
1953年録音

アンダのピアノ、繊細で気品に満ちた音色ですから、この曲の美しさに同化。管弦楽はやや抑えめで、ピアノ演奏を完全に際立たせたナイスプレー。モノラル盤ですが、ピアノとオケのバランスも優れ、全く違和感はなくクリアーな音楽が楽しめます。
そして人気は第2楽章の美しいアダージョですが、ピアノの一音一音に心を打たれます。ロマンティックな曲を、アンダは自然体で柔らかな響きで魅了してくれます。
最後に、モーツァルト弾きでも定評のあるアンダですが、1976年に55歳で亡くなってしまったピアニストです。アンダは1921年11月生まれのハンガリーのピアニスト。
[PR]
# by GRFmemory | 2016-11-12 07:45 | クラシック音楽 | Comments(0)