サンタナ&アイズレー・ブラザーズ「パワー・オブ・ピース」

b0283734_641881.jpg
「愛と平和」をテーマにした最新アルバム
カルロス・サンタナ(G) ロナルド・アイズレー(Vo) 
アーニー・アイズレー(G) シンディ・ブラックマン・サンタナ(Dr/Vo) 他

①Are You Ready
 コンガのリズムで始まり、ベースがそれに乗っかり、そしていきなりカルロス
 のワイルドなギターが聴ける。後半はあの「祭典」を想わせるカルロスの
 官能的なトーンが満喫できるスタート曲だ。

②Total Destruction to You Mind
 ツイストリズムでの懐かしいR&B。
 エンディングに向かうギターバトルが聴きどころ

③Higher Ground
 圧巻!! S・ワンダーのダイナミックでソウルフル楽曲にカルロスのギター
 フレーズがバッチリと合致。ディストーションを効かせたギタートーンは
 十分満足のいく出来栄えだ。

④God Bless The Child
「神とは自ら助けるものこそ救うもの」と歌われるビリー・ホリディとアーサー
 ハーゾク・ジュニアによって書かれたバラードナンバー
 そして語りかけてくるギターに、しんみりと酔いしれる・・・

⑤I Remember
 カルロス・サンタナの妻シンディの曲。彼女自身の声が聞ける貴重なテイク
 もちろんカルロスのギターも愛情いっぱいサポートしている。

⑥Body Talk
 こちらもサンタナ・ファンにとっては、魅力的なギターサウンドが十分聴けて
 気分が最高となること間違いなし!

⑦Gypsy Woman
 1990年のサンタナ・アルバム「SPIRITS DANCING IN THE FLESH」に
 収められている「ジプシー・ウーマン」
 スピリッツ・ダンシングでは、当時のサンタナバンドのヴォーカルだった
 アレックスが歌っているが、曲の最初のサビの部分の歌詞が若干違って
 いる。
 1990年・・・・「She Was a Gypsy Woman」
 2017年・・・・「I Love you, Gypsy Woman」
 曲の1番は「彼女はジプシーウーマン」と歌い、2番で「君を愛してしまっ
 た」と1990年のアルバムでは歌詞を変えて歌っている。
 まあ、どちらもエキゾチックな雰囲気で謎めいた曲で好きなナンバーだ。

⑧I Just Want To Make Love To You
 随分メタリックなサウンド。サンタナもこういうギターは得意です。

⑨Love,Peace,happiness
 アメリカ的な平和主義者が発信するようなメッセージ色の濃い楽曲

⑩What The World Needs Now Is Love Sweet Love
 キーボードとギターとの伴奏で「世界平和」を願うバラード曲

No11 Mercy Mercy Me
 「神のお慈悲を!」と、地球の危機をうったえるマーヴィン・ゲイの作品

No12 Let The Rain Fall On Me
 サンタナのアルバム「ウェルカム」や「ロータスの伝説」でヴォーカルだった
 ジャズシンガーのレオン・トーマスの作品
 こんな素晴らしい曲を作っていたなんて最高の驚き。何度も聞き返したくなる
 ジャズナンバー

No13 Let There Be Peace On Earth
 アルバム最後を飾る合唱曲風フィナーレ。カルロスらの平和への願いを
 ラテン・サウンドのギター、コンガ、ティンバルに乗せて全世界へ届け!
b0283734_7541579.jpg

 
[PR]
# by GRFmemory | 2017-08-26 08:15 | music | Comments(0)

MC10

b0283734_16215890.jpg
最近までカートリジはSPUを常時使用しておりましたが、久々にMC10に替えてみました。SPUとMC10ではアームの高さ調整は不要で、交換は非常に簡単におこなうことができます。つまり針圧調整だけですから、ものの数秒で交換ができます。そのMC10ですが、既に製造をやめてしまったようで、今は「MC-Q」シリーズに取って代わってます。ortofonのHPを見ると製品カテゴリー一覧で「MC-Q」シリーズを確認することができます。しかし、そのデザインは非常に斬新で、あのデンマークの玩具会社LEGOのような、プラスチックブロックみたいな四角い単なる塊に見えます。それに比べ「MC10」は宝石のような美しさを放ってるデザインです。そのMC10の音質は躍動感があります。クラシック音楽よりもポップ系に合うようなブレンドです。SPUで聴き慣れた耳では、雰囲気的なものもあるでしょうが、音離れとスピード感ではMC10の方が素直に再生されてるようです。まあ、トータル的な装置構成にもよりますので、一概には決めつけられませんが・・
ちなみに昇圧トランスでのカートリッジインピーダンスは、<10Ωとしてます。
[PR]
# by GRFmemory | 2017-08-09 17:40 | オーディオ | Comments(0)

チェリビダッケ☆「新世界より」(ドヴォルザーク)

b0283734_18474639.jpg
シューベルト 交響曲第8番ロ短調D.795「未完成」
ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」
セルジュ・チェリビダッケ(指揮)
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1988年/1985年録音)
b0283734_18573170.jpg
指揮者セルジュ・チェリビダッケの個性を、存分に味わえるポピュラー名曲。
「未完成」&「新世界より」の2曲
チェリビダッケの演奏だとこれだけ慣れ親しんだ名曲でも、聞けなかった音が聴ける不思議な体験。ドヴォルザークの「新世界より」の第2楽章、あの有名な「家路」のテーマ。イングリッシュ・ホルンで渋く、朗々としかもストレートに歌い上げられると、とても新鮮な気持ちになった。
[PR]
# by GRFmemory | 2017-07-08 19:16 | クラシック音楽 | Comments(0)