<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ブラームス☆交響曲第4番

b0283734_8561392.jpg
ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 作品98
カルロス・クライバー(指揮) 
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1980年録音)

秋は私にとって「ブラームス」の季節。春から夏への賑わいが終わろうとして、何故か淋しい、人恋しいとしみじみと肌で感じ取るような情緒感に浸ってしまうような季節だからです。
そんな心情にぴったりなのが、このブラームスの交響曲第4番です。もちろん第2番も第3番も、ブラームスの曲はどれもそれを感じ得ることはできますが、第4番は特に「孤独感」が強く、甘さのない渋いさが際立つ交響曲なんです。

今日はカルロス・クライバー指揮のCDを鳴らしてますが、同曲はレコードでも所有しております。
CDの方の音は、やや硬さが表面に出て、ゴツゴツ感があるのですが、男性的で今日のような秋晴れの日には、すっきりとした気分にさせてくれます。
[PR]
by GRFmemory | 2016-11-13 09:30 | クラシック音楽 | Comments(0)

ゲザ・アンダ(P)☆ラフマニノフ

b0283734_6501940.jpg
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18
ゲザ・アンダ(P) アルチェオ・ガリエラ(指揮) フィルハーモニア管弦楽団
1953年録音

アンダのピアノ、繊細で気品に満ちた音色ですから、この曲の美しさに同化。管弦楽はやや抑えめで、ピアノ演奏を完全に際立たせたナイスプレー。モノラル盤ですが、ピアノとオケのバランスも優れ、全く違和感はなくクリアーな音楽が楽しめます。
そして人気は第2楽章の美しいアダージョですが、ピアノの一音一音に心を打たれます。ロマンティックな曲を、アンダは自然体で柔らかな響きで魅了してくれます。
最後に、モーツァルト弾きでも定評のあるアンダですが、1976年に55歳で亡くなってしまったピアニストです。アンダは1921年11月生まれのハンガリーのピアニスト。
[PR]
by GRFmemory | 2016-11-12 07:45 | クラシック音楽 | Comments(0)